障害者支援施設 セルプ・ガーデンハウス

kimg-01-selpgardenhouse
千葉市緑区にあるセルプ・ガーデンハウスは障害の子を持った母親ら6人が中心となって建設運動を展開し、 9年間の草の根運動で延べ80万人を超える多くの人々の支援によってできた、全国でも例のない施設です。
建物はモダンなデザインと、生活する人に優しい工夫と配慮がされた機能や設備。
そして施設内は障害を持ち施設を利用している方たちや職員の笑顔と愛情に満ち溢れています。
所在地〒267-0057 千葉市緑区大木戸町1423-3
エリア千葉・市原エリア
電話番号043-295-7401
FAX番号043-295-7406
物品 筆記具
役務
サービス種別生活介護
営業時間8:30~17:30
休日土日祝日、夏季休暇、年末年始
事業所概要
jimg-01-selpgardenhouse

作業室(アリーナ)

ここでは軽作業(ボールペン組組立、プラスチック部品解体)が各部署に別れて作業が行われています。また行事のときなどには地域の方々を招いて、奥行55m、幅11m、高さ13mという大空間を利用し、いろいろな催しが行われます。
床下には遠赤外線を放熱する玉石を敷き詰めた床暖房を設置。冬期は床下からの遠赤外線を浴びながら生活でき、身体に麻痺を持った方たちの血行促進もしています。
jimg-02-selpgardenhouse

食堂(ガーデンテラス)

一流ホテルのレストランを参考にパブレストラン風の食堂。
テラス外には季節の植物が植えられ気持ちを和らげてくれます。
夏にはパラソルを設置するなど、食事がおいしく・楽しくとれるような雰囲気作りをしています。

jimg-03-selpgardenhouse

行事

季節に合わせた各行事(納涼会、クリスマス歌謡ショー、忘年会、新年会、いちご狩り、節分 等)や年に1回日帰り旅行、年に1~2回社会研修外出、年3回一般教養講座などがあります。
事業所名障害者支援施設 セルプ・ガーデンハウス
運営法人名社会福祉法人くちなし
事業所番号1210100911
設立年月日2000/4/1
指定年月日2012/4/1
サービス種別生活介護
管理者(施設長)伊藤 承子
担当者
定員33名
実利用者数/日33名
エリア千葉・市原エリア
所在地〒267-0057 千葉市緑区大木戸町1423-3
電話番号043-295-7401
FAX番号043-295-7406
メールアドレスselp@h5.dion.ne.jp
ホームページhttp://www.selp-g-h.or.jp
アクセスJR外房線 土気駅下車、千葉中央バス浄水場入口バス停 徒歩5分 
営業時間8:30~17:30
休日土日祝日、夏季休暇、年末年始
物品筆記具
役務
地図

大きな地図で見る
セールスポイント

作業を中心とした活動を行いながら、コミュニケーションを増やし人間関係作りに場としても活かしています。就労系の事業ではないため、利用者様の健康状態を考慮しながら、受注出来る範囲の作業量で行っています。



役務
物品・役務の画像

袋詰・包装・梱包

ボールペン

<過去の受注例とその納期(価格)>
組み立て作業1本1.35円 納期・受品本数については毎回相談する

物品・役務の画像

解体

プラスチック部品

<過去の受注例とその納期(価格)>
週1回納品 価格1~14円 

物品・役務の画像

袋詰・包装・梱包

企業からの請負作業で洗濯ネットなどの袋詰め

<過去の受注例とその納期(価格)>
洗濯ネット・ベビーカー用のベルトカバーの袋詰め 単価4円