就労継続支援B型事業所 みのり

「明るく、楽しく、元気よく」をモットーに日々の生産活動や行事に取り組んでいます。
作業内容は、EM製品や縫製品、ウコンの自主製品作りに取り組み、委託作業では、資源回収や公園清掃、受注作業は、文具包装、医療器具袋詰め、都市鉱山、珠算連盟のグッズ製作に取り組んでいます。また、老人福祉センター内に事業所があるため、売店運営も行っております。センターの高齢者との交流を深めたり、毎月の行事を楽しんだりしています。
当事業所は、明るく元気なボランティアさんの力添えがあって取り組んでいるのも特徴の一つです。
所在地〒270-1415 白井市清戸766-1
エリア印旛エリア
電話番号047-492-2096
FAX番号047-492-2021
物品 筆記具, 加工食品, 衣類・身の回り品・装身具・刺繍品, 石鹸
役務 清掃, 除草作業, 売店, 袋詰・包装・梱包, 解体, 箱物折り, 資源回収・分別, 封入
サービス種別就労継続支援B型
営業時間9:00~16:00
休日土日祝日
事業所概要
jimg-01-minori-b

外観

白井市福祉センターの外観です。白井市福祉センターは、老人福祉センター、青少年女性センター、就労継続支援B型事業所みのりの3館一体の複合施設となっています。センターの周囲は、湧水が出ていたり、緑に囲まれていたりして、野兎やフクロウ、オニヤンマなどの珍しい生き物が見られることもあります。自然豊かな場所にあります。
jimg-02-minori-b

作業室

作業室では、テーブルごとに自主製品や受注作業などに分かれて取り組んでいます。急な受注作業には、メンバーやボランティアさんが期限までに納められるように一丸となって取り組むこともあります。また、施設から150M離れた場所にウコン畑があります。資源回収は軽トラックを使って市役所や老人施設、ゴルフ場などを回って回収しています。                               
jimg-03-minori-b

売店

売店では、福祉センター内の高齢者や講座に参加している利用者に軽食や自主製品、雑貨などを提供しています。献品された雑貨が格安で提供されているため、こまめに通ってくださる方も見られます。
事業所名就労継続支援B型事業所 みのり
運営法人名社会福祉法人 白井市社会福祉協議会
事業所番号1214700096
設立年月日1989/6/1
指定年月日2013/4/1
サービス種別就労継続支援B型
管理者(施設長)大野 晋次
担当者高橋 祐之
定員20名
実利用者数/日18名
エリア印旛エリア
所在地〒270-1415 白井市清戸766-1
電話番号047-492-2096
FAX番号047-492-2021
メールアドレスminori@shiroisyakyo.jp
ホームページhttp://www.shiroisyakyo.jp
アクセス北総線 千葉ニュータウン中央駅 徒歩30分
営業時間9:00~16:00
休日土日祝日
物品筆記具, 加工食品, 衣類・身の回り品・装身具・刺繍品, 石鹸
役務清掃, 除草作業, 売店, 袋詰・包装・梱包, 解体, 箱物折り, 資源回収・分別, 封入
地図

大きな地図で見る
物品

衣服・身の回り品・装身具・刺繍品

全国珠算連盟のノベルティグッズ“百福”“はしそぴっく”の製作を行っています。

<概算日産数量>
はしそろピックは、大会も開催中。

物品・役務の画像

衣服・身の回り品・装身具・刺繍品

花ふきん

<概算日産数量>
平均3枚/日。1枚200円で販売。*図柄等相談可。

物品・役務の画像

その他の物品

EM白井野菜の会の協力により活性液、石けん、ぼかしを製作しています。

<概算日産数量>
活性液 120ℓ/週、EM石けん 50ℓ/月、EMぼかし 80ℓ/回  *要相談

役務
物品・役務の画像

資源回収・分別

空き缶、空き瓶、段ボール等資源の回収・分別を行っています。

<過去の受注例とその納期(価格)>
近隣地域は、回収しています。

物品・役務の画像

清掃

公園清掃

<過去の受注例とその納期(価格)>
市から委託を受け、公園清掃を行っています。

物品・役務の画像

売店

軽食や自主製品等を販売しています。

<過去の受注例とその納期(価格)>
センター利用者数によって変動。

袋詰・包装・梱包

消しゴムの受注作業を行っています。

<過去の受注例とその納期(価格)>
キャラクターの消しゴムのスリーブ(カバー)つけや袋詰め・箱詰めなど。

物品・役務の画像

解体

都市鉱山の解体・分別を行っています。

<過去の受注例とその納期(価格)>

設備
生産設備の画像01
EM活性液 生産装置(20ℓ用)、他50ℓを2台あり。ミキサーで撹拌後、この生産装置・ヒーターで温めます。